前へ
次へ

不動産を売買する時にかかる仲介手数料とは

もっているマンションを売却する人や、遺産で保有していた一軒家を売却するなどの時に、不動産業者を仲介として売買する人が少なくありません。
このとき、売買の時にかかる費用の内訳のひとつに、仲介手数料なる項目があることを知っている人は多いでしょう。
そもそも仲介手数料とはいったいどんなものなのでしょうか。
多くの人の場合、仲介してくれたからかかる費用となんとなくわかっていますが、詳しいことを知っている人は少ないといいます。
簡単に言うと不動産業者が売買した結果、依頼主の理想どおりの結果になったことに対する成功報酬です。
仲介を依頼すると、不動産業者が様々な媒体に広告を出し、営業活動を行って買いたいと思う人を見つけることになります。
購入希望者との物件見学などをはじめ、依頼主側と直接話し合いする必要があるため、購入に関連した出張費なども含まれることが少なくありません。
広告活動や営業活動を率先して行ってくれたことによって、無事に売却が成立することになるため、業者に感謝の意をこめて支払う料金となっています。

Page Top