前へ
次へ

不動産の売買にかかる諸経費とは

不動産物件を売るときには、物件を売ったお金が手に入るだけではなく、そこから税金や諸経費が差し引かれた金額が手に入るといいますので、参考にしてください。
売却にかかる諸経費としては、不動産業者に支払う仲介手数料、売買の契約書に使う印紙税、登記を抹消するなど登記費用などがあります。
また、売った時に利益が出る場合にかかる費用として譲渡税や測量が必要となるときにかかる測量費用なども存在していますので、売却する不動産物件によってかかる費用は様々であることを理解してから売ることを検討してください。
また、登記にかかる費用に関しては不動産関係者ではなく、司法書士に手続きをしてもらうことが必要となるため、司法書士への報酬もかかることを理解してください。
司法書士の事務所によって金額が異なるため、あらかじめ情報を確認してから司法書士への依頼を行うことが望ましいでしょう。
事前に売買の情報に詳しい司法書士の情報を業者などに確認してから依頼すると、スピーディーに対応してもらえます。

Page Top