前へ
次へ

不動産売買における瑕疵担保責任

不動産売買の目的物に通常では発見できないような欠陥があった時なのに民放では売主がその責任を負うこと無く決められています。
ちなみに買主が賠償とか契約解除をすることを求める請求をするというのはその事実を知ってから一年以内という期限があったりします。
すぐでなくてもよいということにはなるのですが色々と揉めることもあるでしょうからきちんと早めに行動した方が良いことになります。
いわゆる瑕疵担保責任というものになるわけですが不動産売買というのは基本的に片方が素人であったりあるいは両方とも素人である場合は買主の方に責任がかなり軽くなるようになっています。
その物件の良し悪しなどを含めて専門的な知識がなければ建物の具合というのは判断できないでしょうからそういう風になっているわけです。
但し、契約によって買主負担とすることも可能ではあります。
これが明確に契約書に書かれていたりしますとそうなるようにできるのも特徴となっています。

Page Top