前へ
次へ

不動産の売買にかかる費用の内訳

不動産売買にかかる費用の内訳を理解しておくことは、とても重要です。
特に住まいを購入する時に必要とされる費用の内訳を知っておくことで、予算を立てやすくなるでしょう。
一般的にかかる費用としては住宅自体の価格と、税金や保険料、管理費や手数料となっています。
税金としては消費税のほかに、登録免許税・不動産取得税・固定資産税のほかに、物件によっては都市計画税となっています。
保険料としては家財保険料や団体信用生命保険料となっているところが多いです。
特に現金一括ではなく、住宅ローンを組んでいる人が多い場合には、団信と呼ばれる団体信用生命保険料は必ずかかります。
手数料としては金融機関に支払う住宅ローン事務手数料や、住宅ローン保証料のほかに、不動産関係者に支払う仲介手数料や登記手数料があります。
それ以外に物件によっては管理費や修繕費がかかる場合もあるため、売買に関して事前にどれくらいの費用がかかるのか確認して予算を立て、住宅ローンを利用することが望ましいでしょう。

Page Top