前へ
次へ

不動産売買における仲介手数料の相場

不動産業者に支払う仲介手数料は、どれくらいの価格が相場なのでしょうか。
一般的には売買する物件によって、価格が違いますので注意してください。
仲介手数料の上限として決められているのは、物件の売買取引価格が200万円以下の場合には5パーセント、200万円から400万円までの間であれば4パーセント、400万円以上の場合には取引した金額の3パーセントとなっています。
もちろんこの金額は上限となっているため、全ての不動産取引で仲介手数料を上限まで取るわけではありません。
取る場合には業者側の独自のキャンペーンや様々な事情によって多少金額が変動することも知っておいてください。
たとえば、早期契約成立によって手数料を割引するキャンペーンや、物件が理想どおりの価格で売れたことによって発生するキャンペーンなど、様々なものを実践しています。
そのため、どんな契約でどれくらいの価格で売れたのかによって、仲介手数料は大幅に異なると理解しておきましょう。

Page Top